FC2ブログ

★遅れて来たけど関ジャニ∞と宝塚が大好きです★

☆関ジャニ∞と宝塚に愛を☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ :

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

星組『ロミオとジュリエット』(役替わりB)

待ってました!の星組本公演。
宝塚大劇場での星組本公演初観劇

続きに感想を。



休憩含め3時間。
あっという間でしたねー。

初演を観てないから何とも言えない部分もあるし、とにかく星組全員での公演を観るのが初めてなので、あくまでもDVDで観てた彼女たちのイメージと実際のところでの感想です。

・ゆりかちゃん。
役替わりBでの観劇だったので、ゆりかちゃんはティボルト役。

ゆりかちゃんは、南太平洋のときに実際のカンジを観たことがあって、そのときもイメージしてたよりも歌も演技もしっかりしてると思ったもんですが。
「ティボルト」のラストがめっちゃ綺麗に伸びてた
そこがどうなってるのかっていうのが観劇前からすんごい気になってたところで、1幕始めにしてもう安心してしまった。
これは相当イケてるぞー!後が楽しみだぞー!っていう具合で(笑)
低音もかなり安定してたし、ホント、男役としての何かが出来て来てる人なんだと感じました☆

ゆりかちゃんのティボルトは、鳳稀さんのティボルトよりもちょっと若さがあって、さっぱりしてるカンジかなー。
ナイフが友達の荒くれなんだけど、ホントのホントの悪い奴じゃないように見えるというか。
キャピュレット&モンタギュー夫人の「憎しみ」の後にハケるときのセリフまわしが、少年がぷいっとどっか行くように見えたり。
セリフ言って走って去るんだけど、かわいらしくしか観られなかった(笑)
キャピュレット卿とパリス伯爵が仮面舞踏会の算段をしてるところでは、あわあわしてなかなか話に入って行けないところも。
強引さよりも、どうしよー!っていうカンジでかわいい☆
マーキューシオを刺した後、キャピュレット組は階段のところでわいわいやってるくだりでは、何やら話してる相槌がゆりかちゃんの素に近いように見えた(笑)

そして、何と言ってもこれ!
死に顔の美しいこと
2幕途中(ってか結構初め)で死んじゃうのは残念なんだけど(笑)
階段のところで横たわってる顔をオペラでガン観!!!!!!!
ロミオがえらいことなってるのもそっちのけで観てしまう!!!!!!!

フィナーレでは、大階段でのまさこさま&紅子さん&ゆりかちゃんのトリオが、とにかくスラっとしてるのが素敵で☆
笑顔ナシのところから、たまに見せる漏れたような笑みもいい!
満面の笑みじゃなく、ふっと漏れる笑み。
そこがいい!!!

・ちえちゃん。
ちえちゃんのロミオは、ちょっとした仕草に機敏さを感じるところが。
振り向くときのスピードだったり、走り去るときのアスリートなカンジだったり(笑)
でも、ベンヴォーリオやマーキューシオ、ロレンス神父の前では素直な青年らしさが出てたように思います。
バルコニーの場面の最初、ジュリエットがバルコニーの上でロミオが下にいるところでは、ジュリエットがいる!どうしよどうしよ!っていう嬉しくて、でもどうしようっていうカンジが、初演よりもわかりやすくなってた気がするんだけど、どうだろう。
「僕は怖い」は圧巻。さすがでした☆
余談だけど、ちえちゃんとじゅんこさんが歌うと、マイクの音量設定間違ってるんじゃないかってぐらいよく聞こえた(笑)

フィナーレの金ピカ衣装で出て来たときは、これぞちえちゃん!!!ってカンジのバリバリな踊りで。
私がヅカにハマッたのは、ちえちゃんの歌と踊りがあったからこそなので、やっとそれが観られたっていう感動…。
「憎しみ」のアレンジVer.のナンバーもかなり好きなカンジで、そこにあの伸び伸びしたちえちゃんの踊りと、娘役のちょっとセクシーな群舞があり、言うことナシ!!!

・紅子さん
紅子さんのベンヴォーリオは、とよこさんよりもやんちゃ青年っぽいかなーと。
ピーターの頭を花でぺんぺん叩きながらハケて行くところがかなり好き(笑)
大きく構えてどんと来い!っていうよりは、みんなで一緒にわちゃわちゃしながらもモンタギュー組を仕切ってるというように見えた。
そして、とにかく歌の安定感!
紅子さん独特の歌い回しは抑えられてて、伸びのある歌い方に徹してるのかな。
ホント、これは上手いなーと。
ちえちゃんとは違う魅力があって、とても好きになりました☆

まさこさまの何とも迫力のある大公姿。←もっと観たかった!!!
キャピュレット卿の一樹さんのダンディな姿。
どいちゃんのキレのある踊り。←他から浮き上がって来るように見える☆
音花さん&花愛さんのさすがの両夫人の歌声。←これは楽しみのひとつだった♪
麻央死の静かな表情。←表情が動かないのが麻央死みたいですな。
まこっちゃんのしなやかで軽やかな愛。

…などなど。
3回観ても、まだまだもっと観たい!と思えるところだらけで(笑)
Aパターンがあることも考えると、どんだけ観たら観切れるのか…。
東京ではAから観はじめだから、また違う楽しさがありそうで待ち遠しい☆


以上。
ごくごく簡単な感想でした♪

タグ : 宝塚歌劇団 星組 ロミオとジュリエット

| 宝塚歌劇団(星組) | 20:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://okuretekita.blog25.fc2.com/tb.php/2691-bea52270

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。